« 【抽選結果確認はこちら】 | トップページ | 大河ファンタジー 精霊の守り人II 悲しき破壊神(6)帝国の牙 もう出ませんぜ!! »

2017年2月24日 (金)

ジグロ槍舞いリハ(来週から佳境)夜ラウンジで会食?誰と?獅童?

NHK25日 綾瀬はるか主演「精霊の守り人 悲しき破壊神」第6話予告動画と5話ネタバレあらすじ - ナビコン・ニュース.

■哀愁ただようジグロ(吉川晃司)に胸キュン 
主人公バルサ(綾瀬はるか)の養父でカルバン王国の親衛部隊最強の武人だったジグロ。演じているのは吉川晃司なのだが、原作のイメージを損なわない…いやむしろ原作に登場するジグロそのものと言っても過言ではないほど、すばらしいキャスティングである。

物語上でジグロはすでに病死しており、バルサの回想として登場する。ジグロの立ち振る舞い、勇ましさ、故郷を捨てざるを得なかった過酷な運命を背負った哀愁が、吉川晃司から伝わってくる。俳優・吉川晃司のすばらしさを改めて思い知らされたのが本ドラマである。原作小説では、ジグロが活躍するスピンオフ的短編もある。ぜひ、ジグロをフューチャーしたドラマを制作していただきたい、そう願う「守り人」ファンは少なくないだろう。

1984年「モニカ」でアイドルデビューした吉川晃司。その後本格的なロックミュージシャンになり、俳優としても活躍するようになった。記憶に新しいところでは2015年TBSで放送された「下町ロケット」。主人公・佃航平(阿部寛)の心強い味方となる帝国重工宇宙航空部部長・財前を演じた。また、昨年公開された映画『さらば あぶない刑事』では、タカ(舘ひろし)ユージ(柴田恭兵)と対決するキョウイチ・ガルシアが敵ながら、タカとユージに負けず劣らずのクールさでかっこよかった。

現在51歳になり、渋さと貫禄を兼ね備えたアーティストとなった吉川晃司。ミュージシャンとして俳優として2017年も活躍が期待される。

|

« 【抽選結果確認はこちら】 | トップページ | 大河ファンタジー 精霊の守り人II 悲しき破壊神(6)帝国の牙 もう出ませんぜ!! »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジグロ槍舞いリハ(来週から佳境)夜ラウンジで会食?誰と?獅童?:

« 【抽選結果確認はこちら】 | トップページ | 大河ファンタジー 精霊の守り人II 悲しき破壊神(6)帝国の牙 もう出ませんぜ!! »