« 仕事納めだって~早っっ | トップページ | 下町ロス?☚1週間前に最終回~財前は年末スタジオ大掃除(w »

2015年12月26日 (土)

製作過程に迫ったプロダクションノート公開!

映画『さらば あぶない刑事』

プロダクションノート|映画『さらば あぶない刑事』公式サイト.

シリーズ史上最強最悪の敵・吉川晃司の圧倒的な存在感!

「あぶデカ」シリーズ最終作となる本作で、タカとユージの前に立ちはだかる最強最悪の敵・ガルシア。そのガルシアを演じるのは、デビュー以来、歌手として活躍する一方、俳優としてもスクリーンに強烈な存在感を残してきた吉川晃司。吉川の起用について製作陣は「敵として、タカとユージがいないシーンでも映画を動かしていける人として、吉川さんしかいなかった」と語る。また吉川の持つ類稀な身体能力の高さもキャスティングの理由の一つだったという。吉川自身もガルシアになりきるために、撮影前からスペイン語を練習するほか、アクションシーンを自ら演じるために、バイクスタントのトレーニングを重ねた。練習中に左足を骨折するアクシデントに見舞われながらも、役への強い責任感から、予定どおりに撮影に臨み高度なアクションをやり遂げた!そして、実現したアクロバティックなバイクアクションは必見!

ブラックマーケットを飛び出した後のカーチェイスシーンは、三重県四日市市の工場地帯を借りて撮影された。倉庫が立ち並ぶ工場内に、街灯、フェンス、ドラム缶などがセッティングされると見覚えのある横浜の夜景が浮かび上がる。そこを走り抜けるのは、敵のRV車とそれを追いかけるタカとユージのスカイライン。静まりかえった夜の工場地帯にカーチェイスと銃撃戦の音が響き渡る。車体をぶつけ合いながら走行する2台の車、その脇をガルシアが運転するバイクが通り抜けスカイラインのタイヤを撃つ──3台のタイミングを合わせなければならない難しいシーンのひとつであり、現場にピリッとした空気が張り詰める。チャンスは1度きりで失敗は許されない。バイクに乗ったガルシアがタイヤを打ち抜くと、スカイラインが派手に横転!見事一発OK、長年培われたチームワークのなせる技を垣間見る瞬間だった。

映画『さらば あぶない刑事』

プロダクションノート|映画『さらば あぶない刑事』公式サイト.

工場地帯からほど近い四日市埠頭は、クライマックスのアクションシーン、タカとガルシアのバイクとバイクの一騎討ちのステージとなった。相手に向かってバイクを走らせすれ違いざまに銃を撃つ。それだけでも迫力のある映像だが、最後の「あぶデカ」がそれで終わるはずがない。ガルシアに求められたのはウィリー走行!タカを撃った後に止まってアクセルターンでUターンするバイクアクション、タカを挑発するポージングはどれも吉川スタイルと言うべき優雅さ、タカの最後の敵にふさわしい存在感を残した。監督の「カット!」がかかった瞬間、あまりの凄さに現場から拍手がわいた。

|

« 仕事納めだって~早っっ | トップページ | 下町ロス?☚1週間前に最終回~財前は年末スタジオ大掃除(w »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 製作過程に迫ったプロダクションノート公開!:

« 仕事納めだって~早っっ | トップページ | 下町ロス?☚1週間前に最終回~財前は年末スタジオ大掃除(w »