« 土曜スタジオパーク | トップページ | 福島民友 »

2013年5月19日 (日)

八重の桜(20)「開戦!鳥羽伏見」

第20回 「開戦!鳥羽伏見」|あらすじ|NHK大河ドラマ「八重の桜」.

都では王政復古が宣言され、逃げるように大坂へ下ろうとする慶喜(小泉孝太郎)を林権助(風間杜夫)や佐川官兵衛(中村獅童)らが必死に引き留めるが、神保修理(斎藤工)にいさめられやむなく従うことになる。都へ出兵するも慶喜討伐の口実を失った薩摩と長州は、西郷吉之助(吉川晃司)の発案により、江戸で争乱を起こす。そして1868(慶応4)年1月、ついに「鳥羽・伏見の戦い」が始まる。
 そのころ、慶喜や容保(綾野剛)らの都落ちを知った八重(綾瀬はるか)は、藩の女性たちと共に戦勝祈願の幟旗(のぼりばた)を縫い、スペンサー銃の練習に明け暮れていた。

大河ドラマ八重の桜ダイジェスト 第20回「開戦!鳥羽伏見」
  総合
  2013年5月22日(水)午前1:40~午前1:45 [21日(火)深夜](5分)

|

« 土曜スタジオパーク | トップページ | 福島民友 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜(20)「開戦!鳥羽伏見」:

« 土曜スタジオパーク | トップページ | 福島民友 »