« 長いものには巻かれるより“巻き返せ!” | トップページ | 峠 TOUGE「奥吉備街道」 »

2013年3月31日 (日)

八重の桜(13)「鉄砲と花嫁」

第13回 「鉄砲と花嫁」|あらすじ|NHK大河ドラマ「八重の桜」.

都から帰国した秋月(北村有起哉)は、八重(綾瀬はるか)と尚之助(長谷川博己)に覚馬(西島秀俊)からの伝言を語る。それは、以前提案した八重と尚之助の縁談を取り消し、尚之助に他藩への移籍を促すものだった。八重は激しく動揺し、針の稽古もままならない。一方の尚之助は、新しい銃を完成させるため、作業にいそしんでいた。数日後、銃を完成させた尚之助は意を決し、八重に求婚するが…。
 都では、長州攻めが中止となり、容保(綾野剛)ら会津藩士は出鼻をくじかれる。西郷吉之助(吉川晃司)の翻意により、征長軍は一戦も交えることなく、兵を解くことになったのだった。

薩摩の西郷、動き出す! 「蛤御門の戦い」では味方だった薩摩の西郷吉之助が、勝海舟に接近!この2人の会談をきっかけに、歴史が新しい方向に動き出していきます。西郷を演じる吉川さんの、その重厚さあふれる芝居に、演出(男)も「西郷、かっこいい!」と大絶賛。とにかくこの掛け合い、見るしかない!

大河ドラマ八重の桜ダイジェスト 第13回「鉄砲と花嫁」
NHK総合
2013年4月1日(月)午前0:05~午前0:10(5分) [日曜深夜](5分)

演出の方、、、

ありがとなし<(_ _)> 

だけんじょも

客観的に見れん。。。

いいのか?

吉川之助(;^_^A

|

« 長いものには巻かれるより“巻き返せ!” | トップページ | 峠 TOUGE「奥吉備街道」 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重の桜(13)「鉄砲と花嫁」:

« 長いものには巻かれるより“巻き返せ!” | トップページ | 峠 TOUGE「奥吉備街道」 »