« ギター&ソロダビング3曲♫ | トップページ | リズム収録♪3 »

2012年12月14日 (金)

あらすじ

あらすじ|NHK大河ドラマ「八重の桜」.

八重17歳のころ (1862年)、会津藩主・松平容保が京都守護職に任命されたことで会津の悲劇は幕を開ける。兄・覚馬ら会津軍は、西郷隆盛率いる薩摩軍と共に蛤御門の変で長州軍を破る。そして薩摩の寝返り、日和見主義の諸藩の動きの中にあっても忠義を貫く会津藩。しかし、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍は敗れ、会津は新政府軍から「逆賊」 として扱われる。新政府軍との力の差は歴然。女や子どもを含め、多くの仲間が次々と死んんでいく中、鶴ヶ城籠城戦で男装し、自ら銃を持ち夫・川崎尚之助と共に最後まで奮戦した八重だったが、白虎隊隊士たちの無念の死や、夫との別れを経て、会津戦争の敗北を自らの中で受け入れていく。途方もない喪失感の中、八重はそれまでの生きがいであった鉄砲を捨てる。

 

記者会見など、NHKの番組制作情報を動画でお届け『コレ見て!ムービー』.

八重の桜 | ドラマスタッフブログ:NHKブログ.

|

« ギター&ソロダビング3曲♫ | トップページ | リズム収録♪3 »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あらすじ:

« ギター&ソロダビング3曲♫ | トップページ | リズム収録♪3 »