« 伊部谷万二郎? | トップページ | ヨーランコージ♪ »

2011年12月 2日 (金)

2012年01月12日「愚」 -日本一心-

別冊カドカワの本 吉川晃司 「愚」 -日本一心-.

201109000555

・・・不器用で真っ直ぐ。吉川が"生き様"をかけた「日本一心」への想いを語る。

[ 内容 ]
東日本大震災後の石巻でボランティアとしての活動後、「日本一心」の旗のもと、被災地への支援の為にCOMPLEXの復活ライブを敢行した吉川。“生き様”をかけて挑んだ「日本一心」への想いを初めて語る。

発売日:2012年1月12日
定価(税込):1400円
http://119.245.217.79/book/bk_detail.php?pcd=201109000555

こんな男がいてもいいんじゃないか。

2011年3月11日、想定をはるかに超える大震災震災が日本を襲った…。そんな震災後の石巻でボランティアとして活動していたミュージシャンがいた。その男は吉川晃司。その後、 「日本一心」の旗をかかげ、彼は布袋寅泰と伝説のユニット・COMPLEXの21年ぶりの復活ライヴを果たし、全収益を被災地へチャリティとしてまわした。その後も、彼は「日本一心」の旗のもと走り続けた。そこには、吉川の“生き様”を賭けた強い意志があった……。
本書は、そんな吉川晃司の震災後の歩みを本人の語りとともに追っていく。
“吉川晃司”という一人の男がいかに一環した考えをもって突き進んできたのかを体感できる一冊となっています。
さまざまな価値観に揺れ動く今の日本。 “人間=吉川晃司”の魅力、そして“愚直” ともいえる彼の“真っ直ぐな生き様” を余すことなく詰め込みました。


【内容】
第1章「行動」 第2章「信念」 第3章「同志」 第4章「継承」 第5章「日本一心」
日本一心対談 (1)紫舟(書家) (2)小出裕章(京都原子炉実験所助教)
「吉川晃司からのメッセージ」/ 「バイオ&ディスコグラフィ」

本書の売り上げ一部(1冊につき本体価格の12%)を紫舟氏が震災後に立ち上げられた「日本一心」プロジェクトに拠出いたします。 

|

« 伊部谷万二郎? | トップページ | ヨーランコージ♪ »

雑誌」カテゴリの記事

コメント

結局、つい癖でポチっと予約してしまったわさ

っつーかさ、変な事語らないでね

投稿: HIRO | 2011年12月 8日 (木) 01:54

だけどさぁ。。。
この際、語ってもらったほうが
1歩前に進めるかも~

・・・けどやっぱ、2歩下がっちゃうかもだけどな
てか、浮上できなくなっちゃうかも

投稿: Q | 2011年12月11日 (日) 23:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2012年01月12日「愚」 -日本一心-:

« 伊部谷万二郎? | トップページ | ヨーランコージ♪ »