« 「tentijin」予告 | トップページ | 「PATi PATi」(ソニーマガジンズ) »

2009年2月 8日 (日)

天地人 第6回「いざ、初陣」

第6回「いざ、初陣」:NHK大河ドラマ「天地人」:特集:テレビ番組表:@nifty.

天地人の写真(フォトギャラリー)紹介 - Infoseek 大河ドラマ特集.

大河ドラマ 天地人.あらすじ

織田信長(吉川晃司)を討つため、越中に侵攻した上杉謙信(阿部寛)率いる上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落としていった。ようやく初陣がかなった兼続(妻夫木聡)も張り切っていたが、命ごいをする若い兵士を切ることができず落ち込む。そんな兼続を「戦に涙は無用」と叱咤(しった)する上杉景勝(北村一輝)。兼続は戦の厳しさを学ぶ。

上杉軍は越中を平定、さらに加賀から能登へ入り、難攻不落の七尾城を包囲した。そんな時、直江景綱(宍戸錠)が病に倒れ春日山へ戻る。そして、お船(常盤貴子)の婚儀が決まる。相手は上野長尾家の景孝(山下真司)。兼続への思いを秘めたお船を、仙桃院(高島礼子)は「武家の女子はつらいもの」と言って慰める。

七尾城を攻めあぐねていた上杉の陣中では、景勝と景虎の家臣同士のいさかいが起こっていた。景虎の家臣たちが、犬に景勝の幼名「喜平次」と名づけてからかっているのを見て兼続が激怒、思わず相手に切りかかる。騒ぎを起こし、処分を待つ兼続。すると突然初音(長澤まさみ)が現れ、信長が戦で勝利すると予言して立ち去る。

謙信は兼続に「心が迷っている。故郷・上田庄で己を見つめなおせ」と言い渡し、兼続は失意のまま陣を去る。

特集|ネットステラ

今週の信長様下瞼のアイラインがぁ~

顔は三池さんなんだけど、声が違くなかったぁ~???

櫻井翔も英語でスピーチ!実写版『ヤッターマン』ニューヨークで上映し大盛況! - シネマトゥデイ.

わぉ(×o ×)|フレッシュ☆☆オレンジ.

|

« 「tentijin」予告 | トップページ | 「PATi PATi」(ソニーマガジンズ) »

テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天地人 第6回「いざ、初陣」:

« 「tentijin」予告 | トップページ | 「PATi PATi」(ソニーマガジンズ) »