« 神戸公演初日 | トップページ | 神戸公演3 »

2008年5月 3日 (土)

神戸公演2

新神戸オリエンタル劇場

3日(土)13:00

1

森奈みはるの「こざる日記」 家族写真

神戸リポート9-近藤亜紀のhappy days♪ ~aki's dialy~

パパも登場して、面白かったな(笑)  。。。って

日記

公演が、一日一公演なので、
各自、キャスト関係者は、
それぞれのグループ?で行動しています。

昨日6時起床、7時、8時から2時間
ユダヤ教会、生田神社
10時~サウナ、11時会場入りでリハ
12時半~ゲネプロ
16時半~本番
20時~友人(?)と、深夜前解散、1時起床

今朝も〃で海岸線

宝塚歌劇支局 OG出演作が東西各地で上演「カラミティ・ジェーン」ほか ― スポニチ Sponichi Annex 大阪

さて、元花組の愛華みれが病気降板したことでも話題になった「SEMPO」は、第二次世界大戦中、ナチスの魔手から多くのユダヤ人の命を救ったリトアニアの日本人外交官、杉浦千畝の半生を描いた感動のオリジナルミュージカル。大谷美智浩氏の脚色、演出はやや正攻法すぎる気がしないでもないが、3本のなかでは一番骨太でやはり見応えがある。

 なかでも杉浦役の吉川晃司の渋い好演が光る。共演陣も妻役の愛華の代役に起用された元花組の森奈みはるが急な役替わりにもかかわらず完璧にこなしたほか、彩輝も適役。ワキも今拓哉、井料瑠美、泉見洋平、沢木順といずれも実力派ぞろいで、舞台に厚みがでた。

↑だけど杉浦じゃなくて杉原ですから~~~

|

« 神戸公演初日 | トップページ | 神戸公演3 »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神戸公演2:

« 神戸公演初日 | トップページ | 神戸公演3 »