« いい女みっけぇー!って | トップページ | 今日名古屋入り? »

2008年4月24日 (木)

初主演舞台絶賛の東京千秋楽

 第二次大戦中にナチスドイツ、ヒトラーの魔の手から逃れてきた6000人を超えるユダヤ人に「命のビザ」を発行した日本人外交官・杉原千畝(ちうね)の物語を舞台にした、ミュージカル「SEMPO」。初舞台で杉原千畝を演じた吉川晃司が、4月22日の東京千秋楽を終え、名古屋、神戸公演に向け主演として抱負を語った。

 「日本が誇るべき偉人! 杉原千畝さんの名誉回復とその偉業の普及に、微力ながら関わることができ、光栄に感ずると共に、下手があってはならぬと身の引き締まる思いでおります。キャストやスタッフの結束力はすごいです。それは舞台上にもにじみ出ているのではないかと。これぞ最高の演出ですよね。個人的には杉原千畝さんから多くのことを学んでおります。ブラボー杉原!です。ともかくは、最後まで全力投球で臨む所存。もちろん、勝負球は直球のみ」と。

 吉川本人も初日、中日、千秋楽とどんどん進化し続ける姿を見せ、外交官として、日本人として、男として、人間として…苦悩と葛藤する姿を演じ切り、愛に満ちあふれ、涙なくして見ることのできない感動のミュージカルに仕上げた。音楽を担当した中島みゆきの世界と、吉川自身が書き下ろした「光と影」(4月16日発売シングル)のコラボレーションそして「杉原千畝」というすばらしい人間の生きざまが乗り移り、共演者のみならず観客席まで“温度”を上昇させ、鳴りやまぬカーテンコールを浴びた。

 名古屋公演は4月26日(土)、27日(日)、神戸公演は5月2日(金)~8日(木)。

TV LIFE あり

Yahoo!動画 - 吉川晃司 コメント

458974_20080424113543_1   

今日から SEMPOの特設ページ の「ニュース」項目で、東京公演を観た著名人や業界関係者のコメントを掲載

◆杉原千畝研究会代表 渡辺勝正さんコメント

嵐が吹き荒れる第2次世界大戦中、訓令に背いて大勢のユダヤ難民の命を救った孤高の外交官・杉原千畝は、武士道精神を貫いたサムライであった。ミュージカル「SEMPO」は、沈着冷静で剛胆な杉原を吉川晃司氏が見事に演じている。吉川氏の熱演によって、杉原の功績が日本の誇りとして広まっていくだろう。

森奈みはるの「こざる日記」 はじめまして!

そして何よりも、初舞台で主演の吉川晃司さんが、ご自分も大変なのにこのタイミングでここから出るんだよ、とか教えてくださって!本当に感謝しています!お芝居も毎日変化して尊敬する旦那さまです!

|

« いい女みっけぇー!って | トップページ | 今日名古屋入り? »

舞台」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初主演舞台絶賛の東京千秋楽:

« いい女みっけぇー!って | トップページ | 今日名古屋入り? »