« SONGS | トップページ | 試写会⑦ »

2008年1月30日 (水)

『このミステリーがすごい!』大賞大感謝祭

『このミステリーがすごい!』大賞大感謝祭

003l サプライズゲストとして、同映画でミスター・パーフェクトと呼ばれる天才外科医、桐生恭一役を演じた吉川晃司、日本で初めてバチスタ手術を成功させた心臓外科医で、映画の医療監修も務めた須磨久善先生によるフリートークも行われた。
須磨先生は吉川について「手の動きは本物の外科医並み。(私が)病気になったら切ってもらいたい」と話す一方で、吉川は「本職の方に突っ込まれないようにと、かなり真剣にやりました。プレッシャーはかなりあったのですが、細かい演技ができる方ではないので、立ち姿や存在感で勝負しました!」と謙虚な姿勢ながらも、演技への情熱を見せた。

G080100l

吉川晃司 “神の手"が認めた!

吉川は約2ヵ月間かけて須磨氏の手術を見学したりして練習したが須磨氏から「素人が2ヵ月練習しただけで、あそこまで上手にできるものではない“よくやったぞ"という感じ。一番弟子だ」とお墨付きをもらった。さらに原作の海堂氏も「これで医療従事者が(手術シーンに)ケチを付けるという事は須磨さんにケチを付けるという事で、医療従事者は完全封殺、従って評論家の意見も完全封殺です」と会場の笑いを誘った。自信を持った吉川は「また医療の映画があったら呼んでください」というと須磨氏から「次があったら指名する」と言われ「須磨さんの半生をぜひ!書いてくれる人も多そうだし…」と作家陣にもアピールした。

                                                200801300100_l_3

TBS動画

Yahoo動画

*TBSユウガッタのNEWS,翌やじうま、ズームイン、ピンポンで。。。

あのさぁー、舞台挨拶のほうとかもちゃんと来てよねー(^^;←しつこく!

マイトリでもヒマそー(秘密の割烹の板さん)だしぃ~。。。ギタリスト4人と・・・

「2月から始まるお稽古」ってことは・・・今のうち???

池田祐見子 公式ブログ 『komiyu』

|

« SONGS | トップページ | 試写会⑦ »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『このミステリーがすごい!』大賞大感謝祭:

« SONGS | トップページ | 試写会⑦ »